学生寮の入居倍率は高いので早めに申し込み

基本的には大学を受験して合格してから、学生寮の空き状況を確認したりましますが、合格してから確認してもほぼ空きはないのではないかと思います。
空き状況はだいたい秋くらいにはどこも確認できるようになるそうなので、その段階である程度の目星をつけておいた方が良いのかもしれません。
ほとんど高校から推薦で大学進学が早く決まった人から申込みしてしまうので、一般受験をした人はもしかしたらなかなか入れないかもしてません。
どうして早く動き出さなければいけないのかというと、一般的なアパートやマンションをかりるよりも安く住むことができるということと、食事が付いているところがほとんどだというところではないかと思います。
親としては子供が新しい環境で1人で生活できるのか不安ですし、学生寮に入ってくれれば食事が偏ってしまったりということもなくなるので、体をこわしてしまう心配も軽減されるので安心できるのではないかと思います。
何よりも一般のアパートやマンションを借りて生活するよりも、学生寮で生活した方が無駄な経費などを防ぐことができます。
必要最低限の家具はありますので、わざわざ新生活のための家具や電化製品を購入しなくて済みます。
大学へ行く費用や子供の上京するための費用もバカにはできない金額になってしまいます。
そこにさらにマンションの家賃など仕送りを毎月しなくてはいけないことを考えると、推薦で大学入学を決めて、学生寮に入れば親の負担も少しは軽減されるのではないでしょうか。

Leave a Reply